「耳障りが悪い」=「自分に足りない部分」 今の私に足りないのはSOTRYを描く力

BEC on-line school(BOS)

こんにちは、れみれみです!
あれ、今週ってずっと曇りじゃなかったっけ?
なんだかんだ毎日天気が良くて嬉しいです^^
よし、毛布洗っちゃお。




さて、
今朝のBOS早朝メルマガですが、「企画」に関する動画コンテンツと、それに対するBOS受講者の方のアウトプットが配信されました。
自分自身が三浦孝偉さんへアウトプットを提出する時は「渾身のアウトプットだ!」なんて意気揚々としているですが、同じくBOSで学んでいる方のアウトプットを読むと自分の至らなさに気付いて意気消沈します…。まぁ、伸びしろがあるということで!笑




ということで今日は、同じくBOSで学ぶIさんのアウトプットを読んで感じたことをアウトプットします!




スポンサーリンク


「耳障りが悪い」=「自分に足りない部分」

Iさんのアウトプット中にあった


【自分でチョイスできるとしたら、
気になるところだけ視聴するから絶対に偏る 笑
毎朝メールが届くのは本当に貴重ですね。】


という部分、BOSで学びながら私も同じことを感じていたので、激しく共感しました。
BOS専用サイト内の動画コンテンツはいつでも好きな時に好きなだけ視聴することが出来ますが、それこそ好きなコンテンツ(「Design因数分解の話」など)ばかり触れようとしてしまいます。




しかし、毎朝様々なコンテンツが届くことで、また、半年間のアウトプットを自分に課したことで、半強制的に苦手なジャンルのコンテンツをインプットしなくてはいけません。
今の私には内容が難しく、耳障りの良くないコンテンツはアウトプットがなかなか進みません。
そんな自分の様子から「このジャンルは今の自分に足りないジャンルなんだなぁ」「もっと学びを深めないといけないんだなぁ」と気づくことが出来ます。


関連記事:Design因数分解のはなし 見た目で9割決まる、第一印象を決めるデザイン




スポンサーリンク


今の私に足りないものは…

ここ最近配信されている「企画」に関する動画コンテンツは三部構成になっています。
第二部と三部は比較的に納得のいくアウトプットが出来ましたが、第一部はアウトプットをする手が度々止まってしまいました。
つまり、今の私はまだまだ第一部の内容を学ばなくてはいけないということだと考えられます。




一部の総括の中に


【重要なのはその前の「STORY=企画」です。】
という言葉がありました。


STORY…うん、苦手です。
苦手ですが、今ブログをやっている私にとって、これからもっとアフィリエイトに取り組んでいきたい私にとって、「STORYを描くこと」は絶対に身につけなくてはいけない技術のひとつです。




もちろん二部、三部の内容もですが、自然とSTORYを描けるよう第一部の内容をより多く視聴し・学び、ステップアップしていきたいと思います。


関連記事:「企画力」なくしてビジネスの成功はなし 企画は条件があってこそ威力を発揮する




スポンサーリンク