仕事も運動も、飽きてきた時こそ踏ん張り時だと思う

ライフ

こんにちは、れみれみです!




本格的に運動に取り組んで5ヵ月目に突入しました。
筋トレもジョギングもルーティン化されてきた一方で、実は正直飽きてきてもいて。w




運動に関しては、メインの目的がダイエットで、目指すスタイルもあるのでSNSで憧れのスタイルを見ながら自分を鼓舞させながら頑張っています。
だけど、どうしてもモチベーションが上がらない時もあって。


「あー、飽きたなぁ」


なんて思って腰が重い日もあります。




スポンサーリンク


運動に飽きてきた理由を探ってみた

運動に対する「飽き」を解消する為に、まずはどうして「飽き」という感情が生まれてきたのかを考えてみました。




■体重も減り、見た目も変化してきたので油断してしまっている
■運動に対する新鮮さが無くなってきた




この2つが大きな理由となっていることに気が付きました。




まず、『体重も減り、見た目も変化してきたので油断してしまっている』に関して。
ダイエットを開始した当初は今よりムチムチしていて(書いてて悲しくなるw)、久しぶりに測った体重に絶望し、知人にも「あれ、なんか太った?」なんてことも言われ、100%の焦りと危機感でダイエットを始めました。




もともと全くと言って良いほど運動をしていなかったからか運動を始めてすぐに効果が現れ、


「運動たのしー!ダイエットたのしー!」


といった感じでした。
最初は。




しかしそれから少しすると痩せた状態に慣れてきてしまい、「痩せなくては!!」という危機感も薄れ、次第に運動に対する気持ちも下がってきた=飽きてきてしまったように感じます。






次に、『運動に対する新鮮さが無くなってきた』ですが、完全にルーティン化されてしまい、最初の新鮮さが薄れてしまいました。
毎日当たり前にお風呂へ入るように、当たり前に歯磨きをするように、サウナスーツを着て外へ出ることやダンベルで身体を鍛えることが当たり前の状態になってきていました。




お風呂入ることや歯磨きすることって特段新鮮なことじゃないじゃないですか。




スポンサーリンク


『飽き』の先にある世界が気になる

しかし、「飽きた」なんて理由で継続しなくなってしまったら、ビジネスもダイエットも大した結果が現れず終わってしまいます。




手を変え品を変え、自分が継続できる方法を見つけて実践する必要があるかと思います。


例えば運動の場合。
■テンションの上がるウェアやシューズに買い換える
■YouTubeを参考に新しい部位のトレーニングを取り入れてみる
■痩せた後に着たい服を買う




ずーっと運動をしていると効果が分かりずらくなってきます。
最初の頃こそ
「おっ、痩せた!」
「筋肉の筋が現れてきた!」
なんて思っていましたが、最近は停滞期もあってか効果が見えずらく、それに伴って飽きも感じているのかなぁ、なんて思っています。




ですが、今ここで辞めてしまったらここ数ヵ月の努力も水の泡になってしまうし、まだまだなりたいスタイルには程遠いし、「飽き」の先にある世界が気になるので、手を変え品を変えながらソノサキの世界を見に行ってみようと思います。




スポンサーリンク