平成最後の桜を見ながら思ったこと 平穏な毎日を過ごすには当たり前にお金が必要だ

ライフ

こんにちは、れみれみです。




ついこないだのよく晴れた日曜日。
自宅から車で約5分の場所にある少し大きな公園へと、彼と愛犬とで桜を見ながらの散歩へ行ってきました^^


「こんな風にゆっくりとした時間を感じながら散歩をしたのっていつぶりだろう」
なんて思いながら歩いていたら、つらつらと沢山のことが思い浮かんできたので、備忘録も兼ねて今日はブログ記事にしたいと思います♪




スポンサーリンク


平穏な毎日を過ごすには当たり前にお金が必要だ


この日は日曜日ということもあって、夕方間近の公園は多くの人で溢れていました。


レジャーシートを持ってピクニックをする家族。
ジョギングやウォーキングをする人。
ベビーカーを押しながら笑顔を寄せ合う夫婦と思しき男女。




私と彼も少し前を歩く愛犬の姿を見守りながら、贅沢な時間を過ごします。





彼とはもう付き合って3年になります。
一緒に住んでからは2年半くらい。


リードを引く彼とその少し先を歩く愛犬を見ながら感じたのは、
何気ない日常こそなによりもかけがえがなくて大切だということ




基本的には仲がいいけど、時には喧嘩をすることもあります。
正直、背を向けて眠りたくなる時もある。


だけど、今日も変わらず2人と一匹で過ごせる時間は奇跡そのものだなって、満開の桜で溢れる公園を歩きながらこの時強く感じたんです。


それでもこの関係を維持するのは好きだとか、大事にしたいだとかの気持ちだけじゃ無理。
生々しい話になるけど、平穏な毎日を過ごすには当たり前にお金が必要だ。




関連記事:CARO FORESTA 館山ディアナの宿泊レポート 愛犬の食事編 おすすめの散歩バッグも併せて紹介


スポンサーリンク


パートナーは私の行動の活力になる

ビジネスをすること自体は好きだけど、その内容に対しては最近迷いが生まれている部分もあるのが正直なところ。
手が止まってしまう瞬間もあります。




だけど、今日みたいな温かい時間を過ごすとまた仕事を頑張ろうという気持ちがむくむく大きくなるのを感じられます。
一人だと戦い続けられない。
一緒に戦って欲しい、なんてことは言わないけど、出来るだけ長く傍にいてくれるパートナーは欲しい。


パートナーは私の行動の活力になる。
今の私にとっての「パートナー」は間違いなく彼と愛犬。


パートナーがいるから私は仕事を頑張れるし、
パートナーと一緒に過ごす時間の為に仕事を頑張る。




迷いが生まれて手が止まってしまった時、何のために頑張っているのか分からなくなった時。
今日のこの平成最後の桜を思い出しながらまた一歩、確実に歩みを進めたいと思います。







スポンサーリンク