コミュニティ運営者に引き上げて頂く可能性を高める方法 コミュニティは会社・組織と一緒

BEC on-line school(BOS)

こんにちは、れみれみです。


昨日と今日、「コミュニティ」に関する音声コンテンツを聞いて三浦さんの言葉にかなり共感する部分があることに気付きました。
それは…


「コミュニティは会社や組織と一緒だと思う」


という部分です。
私は音声内の『いかに運営者に「この人を引き上げたい!」「この人を可愛がりたい!」と思って貰えるかを考えて動く』という部分を聞いて
「会社みたいだなぁ」
ということを感じました。


関連記事:コミュニティ参加の極意 運営者とビジネスパートナーになれることをゴール設定しよう




スポンサーリンク


コミュニティは会社・組織と一緒

会社でもコミュニティでも、


・ただ発言しておけばいい
・ただ実績さえ出しておけばいい


という訳ではありません。
コミュニティで言えば運営者、会社で言えば社長に自分の魅せ方を考えた上で行動することが重要です。
自分の魅せ方を意識して行動することで、自身の成長にも繋がるし、引き上げてもらうことも可能です。




「なんだか媚を売ってるみたいで嫌だ」
と感じる人は、恐らくただ自分の上手な魅せ方が分かっていなくて、自分を上手に魅せることで得られるメリットが分からないだけだと私は思います。




もちろん、ただ口だけ・上っ面だけの「媚び」は効果がない、もしくは見向きもされないかもしれないけれど、


■行動
■実績


を伴った「媚び」は効果的です。






私は今BUYMA・ブログ・キャバクラ勤務の他に、POP制作の仕事をして収入を得ているんですが、
このPOP制作は以前勤務していたキャバクラや、今働いているキャバクラの社長やオーナーに直接話を持ち込んで頂けるようになった仕事です。


当時の私はまだBUYMAをしていなかったので、「Photoshopの技術を利用して、なんとか収入を得ることが出来ないか」と考えていました。
クラウドワークス・ランサーズ・ココナラ、といったサイトを活用することも出来たかもしれませんが、私が目を付けたのは自分自身が働いていたキャバクラです。


A店はグランドオープンしたばかりでお店のイベントをアピールするPOPやイベントカレンダーがなかったので、「お店を盛り上げる為にPOPを作りませんか?」ということをオーナーに話を持ち掛けました。


B店はすでにPOPの存在はあったのですが、事務所の人手不足の情報を聞きつけて、「私のPhotoshopの技術をお店の為に活かしたい」ということを伝えて仕事を頂けるようになりました。




しかし、話を持ち掛ける前に私がまずしたことは「キャバクラでの仕事で実績を出すこと」です。
実績を出すことで、数多い従業員の中から自分の存在を認識して頂き、自分の存在を認めて貰うということを考えました。




実績も出していないただのキャストだったら、忙しい彼らからは話をさせて頂く機会すら頂けていなかったかもしれません。




スポンサーリンク


コミュニティ運営者に引き上げて頂く可能性を高める方法

この経験はコミュニティにも活かせると思っていて。


チャットワーク等でただ発信するのではなく、


①発言+実績を出す
②チャットワークが盛り上がっていない時に発言をして盛り上げる
③運営者が求めていることや、どんなことに困っているのか、そしてどんなことをメンドクサイと思っているのかを汲み取り、それを提供する


①と②で自分の存在を認識してもらう、そして
②と③で運営者へ媚びる(笑)




コミュニティに参加した際には、これらを意識して行動することで、運営者に引き上げていただけたり・可愛がって頂ける可能性がググッと上がると思います。


関連記事:今の時代、最も稼げる手法=コミュニティ運営 「属性」を見極めアプローチを変える必要がある




スポンサーリンク