三浦孝偉 BEC on-line school(BOS) 180日間のサービス期間を終えて思うこと

BEC on-line school(BOS)

こんにちは、れみれみです。
三浦孝偉さんが主宰するBEC on-line school(通称BOS)の180日間のサービス期間が本日で終了しました。




毎朝7時に三浦さんから送られてくるBOSメルマガは三浦さんの日刊メルマガと共に、私の毎日の楽しみでもありました。
明日からこのメルマガが届かないのだと思うと、年末独特の空虚感も相まって、とても寂しく感じます。


「自分で毎日のアウトプットを決めたものの、180日間…長いなぁ」
なんて思っていましたが、いざ最終日を迎えてみると本当にあっという間で。


関連記事:三浦孝偉 BEC オンラインスクールに参加した理由と感想「今までの価値観がぶっ壊れました!」


スポンサーリンク


180日間のサービス期間中に学べること

BOSのサービス期間中には、会員サイトで好きなだけコンテンツを視聴できることにプラスして、毎日のメルマガで


■マーケティング
■ブランディング
■集客
■コピーライティング
■セールス
■プロモーション
■MECE


などビジネスをしていくのに欠かせない様々なことを学ぶことができました。




「MECE」なんて、BOSに参加しなければ知らないままだったかもしれません。
まだ自分自身の血肉になりきれていないと思うので、これからも繰り返し動画コンテンツで学んでいきたいと思いますが、自分の言葉でアウトプットをすることで、ただマーケティングに関する書籍を読んだだけより情報を吸収出来たのではないかと思っています。




スポンサーリンク


私が考えるBOSの魅力

会員サイトのコンテンツは好きなだけ視聴することは出来ますが、義務ではありません。
メルマガへのアウトプットも義務ではありません。




なので、もしBOSのサービスが会員サイトとメルマガだけだったら、もしかすると私は自分に甘えて24万円を払うだけになっていたかもしれません。




最終日を迎えて思うのですが、私が思うBOSの魅力はこのアウトプットフォームを通して、三浦さんに自分の文章に目を通して頂けることなのでは、と考えます。
最初はどうアウトプットをしていいか分からなかったですが、三浦さんに読んで頂くことを意識したことで文章が変わってきたように思います。




最初は垢抜けなかった女の子が、多くのお客様の目に触れることで美しく、人気のキャバ嬢に化けるように。
私の綴る言葉も必要な言葉を足し、いらない部分を削ることで、少しは人様に読んで頂くに値する文章に近づいてきたのでは…と考えています。




自分の感情を文字に起こす楽しさや、その文章を届けた先にいる人が読んでくれる嬉しさ、その文章で大きく稼げるかもしれないという希望を、180日間の間で感じるようになりました。
明日からも引き続き、自分のブログやTwitterのアカウントでアウトプットは続けていきたいと思います。






もともとBUYMAをやってはいましたが、BOSで「マーケティング」や「ブランディング」を学ぶことで、ようやくビジネスをするスタート時点に立てたような気がします。


また三浦さんにお会いする機会があった時には気持ちが良い成果報告が出来るよう、これからも学ぶことを続けていきたいと思います。


関連記事:三浦孝偉氏 BEC on-line school 半年間のサービス期間中に身に付くもの


スポンサーリンク