失敗しても発信をすればビジネスになる 失敗を失敗で終わらせない

BEC on-line school(BOS)

こんにちは、れみれみです!




私は、約1年半前からファッション通販サイト『BUYMA(バイマ)』にてバイヤー業をしています。
で、今から約一か月前かな、バイマからペナルティを受けてしまったんです。
朝起きてバイマからのメールを確認して何が起きているのか分かったんだけど、もうね、「バイマ終わったー。もう辞めちゃおうかな」くらいに感じたんですよ。
ベッドの上でケータイいじってメールを見てたから、そのままもう一度寝ようかと思いました。ふて寝です。笑




だけどそれから一か月。
バイマのアカウントを1つ増やしたり、外注さんを雇ったり、今まで腰が重くてなかなか取り組めなかったことを始められるようになったんです。
これは間違いなく、ペナルティという「失敗」が私の行動力をアップさせてくれたということだと思います。




そんな今日は、ビジネスに関する「失敗」と、「失敗の取り扱い方」に関する記事をお届けします。
私の「失敗」が誰かの参考・助けになれば嬉しいです^^


関連記事:失敗を恐れずに大量行動をしよう 活動を続ければ失敗も資産になる




スポンサーリンク


失敗しても発信をすればビジネスになる

「失敗も資産になるなんて、なんて素敵なビジネスなんだ!情報発信は!」
先日、三浦孝偉さん×原田翔太さんの対談を聞き、そんなことを改めて感じました。
それは、今の私が、自分の経験を資産化出来る「情報発信」というものに強い興味を頂いているのも1つの要因かと思います。




・お客様の名前を間違える
・注文のあった商品と色違いのものを発注してしまった
・キャンセル連続でペナルティを受けてしまった
・商品の汚れに気付かず発送してしまい、返品になってしまった
・ノリと勢いだけで決め、自分の直感を信じ過ぎるので「こんなハズじゃなかった」という経験が多い。




1分もしない間にいくつかの失敗を思いつきました。
つい最近であれば、BUYMA(バイマ)のペナルティが一番ショックを受けた失敗だったのですが、この失敗があったからこそ、対談内の「失敗しても発信をすればビジネスになる」という箇所がより響いたのだと思います。




私は昔から、なにか失敗をしても人に話せないタイプです。
涼しい顔して「こんなもの、なんてことないわよ」みたいなことを言いたいと思っています。笑
それはきっと、自分が思っている以上にプライドが高いし、完璧主義だということだと思います。




その一方で、自分の失敗やダサさを包み隠さず話す「人間っぽい」「人間臭さ」のある情報発信者にとても惹かれるし、自分もそうなりたいと感じます。




一般的に、家族や友達に自分の失敗談を話した場合、その場の話だけで終わってしまいます。
しかし、メルマガやブログで情報発信をすることで


・資産化
・ファン化
・失敗談+その解決策を発信することで人の役に立つ




これらのことが出来るようになります。




スポンサーリンク


失敗を失敗で終わらせず、次にどう生かすがが重要

例えば私が、
「バイマで連続キャンセルを理由にペナルティを受けてしまいました。しかし、これをキッカケに〇〇すればペナルティを免れられることが分かりました。」
と発信したとします。




ちょうどその発信をした時に、読者様の一人がバイマのキャンセル率の高さに悩んでいたとしたら、その読者様に刺さる発信が出来るだろうし、その後コンサルタントに繋がる可能性もあります。
ブログの記事にすればアドセンス報酬を得ることも出来ます。




また、今回のペナルティを受け、1つのアカウントのみを運営することに危機感を強く感じもう1つアカウントを増やしました。リスク回避の為です。
そして、アカウント2つを運営するにあたり、人手が欲しくなりました。




その為、今まで腰が重く(ハッキリ言えば、めんどくさくて)なかなか行動に移すことができなかった外注さん募集にチャレンジし始めました。
外注さんにお渡しする出品マニュアルは1~2日で仕上がったし、アウトソーシングサイトで募集文を掲載して約2週間で4人も出品外注さんが決まり、毎日安定して商品の出品が出来ています。


「どうすれば気持ちよく働いて頂けるんだろう」
「登録がなかなか進まない外注さんにはどう声を掛けて良いんだろう」
「分かりやすく伝えるには?」




確かに、外注さんがいたらいたで上記のような悩みもありますが、外注さんを雇うことに対して後悔はないし、なんなら「もっと早く外注化すれば良かった」なんて感じています。
ペナルティはなかなか辛い経験でしたが、これがあったからこそ行動量が増えたという面もあります。
外注化が気になりつつも、ペナルティが無ければずっと1人でアカウント運営をしていたかもしれません。






BUYMA(バイマ)に限らず、そもそも失敗をするには新しいことに挑戦をし続けなければいけません。
失敗をしたくないばっかりに守りの姿勢でいれば新しいアイディアが生まれる機会を失います。


【失敗すらも資産にする】
そんな心持ちで、これからも失敗を恐れずに全力で生きていきたいと思います。


関連記事:非言語の言語化で一気に他者を凌駕する 私だけの経験と刺さる発信を


スポンサーリンク