新しい環境に飛び込んで脱・マンネリ!初めての韓国旅行で学んだ2つのこと

ライフ

こんにちは、れみれみです。


自宅の近所を愛犬のリードをひきながら散歩をしていた時のこと。
用水路に勢いよく流れ込む水を「わぁー!!」と大きな声を上げながらその光景を眺め続ける幼い男の子の姿に気が付きました。


そんな様子を見て私は、
「あー、子供の頃ってこんな日常の光景一つにも感動してたんだっけ」
なんてことを思ったんですね。




安心感はありながらも真新しい刺激もさほど無く、マンネリと言っていいような日常を送っているのかな、なんてことにもふと気が付きました。




そんな今日のブログでは、


■新鮮な体験や環境に触れること
■普段の当たり前は当たり前じゃないと気付くこと


についてお届けしたいと思います!




スポンサーリンク


新鮮な体験や環境に触れること

今年の3月に、2人の妹と一緒に韓国へと旅行へ行ってきたんですが、初めての韓国ということでまさに日常のマンネリ打破になるような刺激を受けることが出来た数日間だったなぁ、と思い返しています。


関連記事:韓国のおすすめホテル!安くておしゃれ!女子旅にもぴったりなホテルを紹介




子供は用水路に水が流れ込む様子を見るだけで「わ~」と歓声を上げながら新鮮な喜びを表現しますが、大人になるとそんな日常の光景にはいちいち見向きもしなくなります。
少なくとも私はそうで。




その一方で、海外のように新しい・新鮮な環境に身を置くと、用水路に流れ込む水に感動する子供のように私自身も童心に戻って新鮮な刺激を受けることが出来ます。
韓国にいる間と、日本に帰って少しの間は脳みその今まで使っていない部分を使った感覚がありました。








新しい環境・海外って色々ありますが、例えば先日の韓国旅行の場合。
屋台の食べ物、街並みすべてが新鮮で!!
そこに住んでいる人たちの暮らしの様子、私たちのような観光客の方の姿ですらとても新鮮に映りました。
右見たり、左見たり、上見たり忙しくて、小さなことにも感嘆の声を上げたりする様子は傍から見たら子供みたいだったと思う。笑





日常生活だと風邪をひいた時にしか食べないお粥を早起きしてわざわざ食べに行く、なんてこともしてみたり。




飲食店やデパート、様々な路面店を利用することで、日本と韓国との接客の違いも楽しく感じました。
日本だとあまり見かけないような街中の強引な客引きすら新鮮!
(韓国で受けた接客に関しては感じることが多々あったのでまた改めてブログに書こうと思います^^)




海外での接客を受けることで、日本の店員さんの接客の丁寧さを改めて嬉しく感じました。
それはきっとずっと日本にいたのでは感じることが出来なかったことだと思います。




関連記事:韓国で驚愕した人たらし接客 日本の接客との違いを感じた2つのポイント




スポンサーリンク


日常の当たり前は当たり前じゃない

たった数日ではあるけれど、韓国に滞在して時を過ごすことで
【普段の当たり前は当たり前じゃない】
ということに気付くことが出来ました。




朝起きてトイレに行き、トイレットペーパーを便器にそのまま流すことも、
シャワーのお湯が勢い良く流れ出ることも、
ドライヤーを使う時にすんなりコンセントを使えることも、
心地の良い接客を受けることが出来ることも。




マンネリのように感じてしまう日常生活ですら当たり前じゃない。


ホテルの部屋をまるで自宅のように3泊4日の間を過ごすことでそんなことを思いました。




自宅で過ごすことは大好きなんだけど、これからも童心に戻れるような、新鮮な刺激を受け続けられるような場所に積極的に行きたいし、身を置きたい!
そして新しい環境に身を置くことで、小さな奇跡が積み上がって出来ている日常の大切さにも気付いていきたいと思います。




スポンサーリンク