三浦孝偉氏×長倉顕太氏の対談音声へのアウトプット 結局は、すべて「人」

BEC on-line school(BOS)

こんにちは、れみれみです!
今日は、三浦孝偉さん×長倉顕太さんの対談音声に対するアウトプット記事をお届けします。
このお2人の対談音声では多岐にわたり話されていて、聞けば聞くほどに無限に学びがあるのですが、今回は【すべて「人」】というトピックを抜粋してアウトプットしようと思います!


関連記事:三浦孝偉氏×原田翔太氏の対談音声へのアウトプット 生き急いでいる人は上手くいかない




スポンサーリンク


すべて「人」

私がネットビジネスに関する情報に積極的に触れ始めたのは、BUYMA(バイマ)を始めた時、今から約1年半前のことです。
自己流でバイマを始めてみたものの、まっっったく結果が出ない状況がおよそ半年続き、その間ありとあらゆる情報発信者のブログやメルマガを読み漁っていました。




その時から1年半経った今、継続して読んでいるのはたったの数人です。
その方たちの発信をどうして今も読み続けているのか考えてみた時に、


【この人が好き・この人が発する言葉が好きだから】


という、とても単純な答えが出てきたんです。




情報収集を始めた最初の頃は、BUYMA(バイマ)のノウハウに関する発信だけを積極的に読んでいました。


(例)
・いかに稼げるか
・どのブランドを売れば良いのか
・外注化とは?
・梱包するには何が必要?
・発送はどの業者が良い?




中には「稼げるノウハウ」にプラスして、「自分の人生」に関して発信している方もいましたが、当時は見向きもしなかった記憶があります。
しかし、年月が経った今、ノウハウだけを発信している方の情報は積極的に読んでいません。
その一方で積極的に読んでいるのは、


【失敗も成功も含めて、自分の人生はこうだ!その経験を通して、こんなことを感じて、こんなことを学んだ!】


ということを発信している方のブログやメルマガです。
私自身が人に対して自分の失敗を話すことに抵抗を感じる一方で、自分の失敗談をネット上で話す方にはとても惹かれるんです。
きっと【人間クサさがある人・人間味のある人】に惹かれているんだと思います。




私は今、ブログとツイッターにて発信をしています。
自分自身が発信をする際にも、迎合されるような言葉や耳障りの良い言葉ばかりを並べず、人間クサさや人間味を感じて頂けるような発信をしていきたい、ということを常に意識しながら言葉を綴っています。




その為に、日々新しいチャレンジをし、色んな情報に触れ、人として・ビジネスマンとしての本質を伸ばす為に、引き続きBOSで学びを深めていきたいと思います。


関連記事:三浦孝偉氏×原田翔太氏の対談音声へのアウトプット。マーケティングを自分事に


スポンサーリンク