1日20~30分の運動×週6日を3ヵ月間続けて感じたメリット5つ

ライフ

こんにちは、れみれみです!
今日のブログでは、1日20~30日の運動を週6日×3ヶ月実行して感じたメリット5つをお届けします!




私は今から約3年前にジョギングや筋トレに取り組み始めたんですが、実際には気分が乗っている時にしかやらず、大して身体も心も変化の無い時間を過ごしていました。




しかし、今年の3月。
「本気で身体を変えたい!!」
という気持ちが突如芽生え、気分で取り組んでいた運動を完全に習慣化させることに注力しました。




スポンサーリンク


一週間で身体が変わり始めたことに味を占めました

それまでは気分で取り組んでいた運動でしたが、今年の3月からはどんなに気持ちが向かなくても、眠くても、疲れてても運動に取り組むようになりました。




すると驚いたことに最初の1週間で身体の変化を感じ始めたんです。
(この1週間は主にジョギングに取り組んでいました。)




鏡を見て痩せてきたのが自分自身で分かるのがとても嬉しく、真剣に取り組み始めた1週間で生活に運動が組み込まれました。




1番の変化は「痩せた(身体的変化)」が一番大きいですが、それ以外にも感じたメリットがあったので大きく5つに分けて紹介します!




スポンサーリンク


週6日運動することのメリット5つ

➀痩せる等の身体的変化
週6日の運動の内容ですが、20分~30分の筋トレかジョギングです。
20分の間に筋トレとジョギングどちらもやる、という訳ではなく、今日は筋トレDAY、今日はジョギングDAYと日によって分けて行っています。




筋トレでは、腹筋などの自重トレーニングとダンベルを使用したトレーニングを行っています。
ダンベルは5キロ、10キロ、15キロを鍛えたい部位によって使い分けています。




最初の1ヵ月はあまり効果が感じられませんでしたが、2ヵ月目を迎える頃から腹筋・二の腕・背中に筋肉のラインを感じられるようになりました。
また、有酸素運動のジョギングも行うことで脂肪も燃焼され、身体から無駄な脂肪や浮腫みが無くなっていってるのを実感しています。




➁行動量が増えた
筋肉と体力が付いた為か疲れにくくなり、以前より行動量が増えました。
もともとフットワークが重い私でしたが、運動を生活に取り組むことで行動することが億劫ではなくなったように感じています。




➂無駄な考え事が減った
運動をすることでストレスが解消されているのか、考えても解決しないような無駄な考え事が断然減りました。


また、ジョギング中には普段思い浮かないようなことがポッと思いつくことが多く、帰宅してからTwitterやブログに書くことで自分の思考を整理出来るようになったのも大きな要因の一つかと思います。




➃より一層ポジティブになった
➂と被りますが、もともとポジティブな私ですが、運動を始めたことでより一層ポジティブになったように思います。


運動に取り組むことでストレス解消になっているというのもありますが、目に見えて身体つきが変わってきたことで「私もやれば出来るんだ!」という自信がつきました。




以前のブログに書いたこともありますが、私はもともと超が付く程運動音痴なんです。
そんな私ですが、運動を生活に組み込むことで走る距離が伸びたり、走るスピードが上がったり、重いダンベルを持てるようになったりと、自分自身の成長を感じ本当に嬉しく思っています。




むしろ昔はなんであんなに運動音痴だったんだろうと今になって思うw




➄服やドレスのラインに自信が持てるようになった
痩せたことで、普段の洋服や、お店で着るドレスのラインに自信が持てるようになりました。
以前は
「この洋服お腹が目立ちそう」
「腕なんて出せない」
なんて思って、本当は着たくても体型を理由に着ることを我慢していた洋服たちを躊躇なく選べるようになりました。


おしゃれ大好き!というわけではないけど、着たいと感じる洋服を我慢せずに着れるってやっぱり幸せです。



デメリットをしいて挙げるのなら。。

身体的にも内面的にも大きく変えてくれた運動ですが、デメリットをしいて挙げるとすれば。。胸が小さくなってしまったことです。




胸は脂肪でできているので、胸だけキープして痩せるなんてこと無理なんですが、やっぱり胸元がちょっぴり寂しい。。




さらしでも巻いて走ろうかな。w




スポンサーリンク