魅せる力をつけよう! 「何を言うか」より「何を言わないか」が重要

BEC on-line school(BOS)

こんにちは!れみれみです。
今日の記事では、三浦孝偉さんが主宰するBOS(BEC on-line school)の講義動画「魅せる力」を視聴してのアウトプットをお届けします!




今日この講義動画を見られたことは本当に幸運なことだと感じます。
なぜなら、「魅せる力」について学べないままに馬鹿正直な発信を続け、なかなか結果が出ないことに悩むというと未来を阻止出来たと思うからです。




好きな人へ自分をアプローチする時や、キャバクラでの仕事の際にお客様へ自分をアピールする時には「何を言わないか」が分かってそのように行動できるのに、ブログやTwitterにおける情報発信にフィールドを移すと、途端に馬鹿正直になってしまう、私にはそんな一面があります。


関連記事:個人ブランディング力を強化して稼ぎへのスピードを上げる 2019年はずる賢く勝とう




スポンサーリンク


「彼氏います」は絶対に言わない

「こんな私なんか…」は性格的に口にすることはないけれど、「魅せ方」について考えるのはタレント・アイドルなど「テレビの向こう側の人」だけのものかと考えていました。
だけど、ビジネスはジャンル問わず「ファンビジネス」で、「魅せ方」について考えるのは必要不可欠なことで。




もっと言えば、女優・モデル・タレント・歌手など、事務所に所属をしていれば事務所の人達が売り出し方を考えてくれて、自分で「魅せ方」なんて考えなくても事務所の方針通りに動けばいいのかもしれません。
(その立場になったことがないので、想像の域を超えないのですが…笑)


だけど、個人で発信をしていく私は、自分自身で「お客様にどうやって好かれるのか」「どうやって自分自身の話を聞いて貰えるのか」を考えて行動していく必要があります。




「魅せ方」といっても「そんなこと今までやったことないから分かんない!」そんなことを考える人もいるかもしれません。
そういう人は「ビジネスをする上で何を言わないか」をまずは考えてみましょう。


例えば私がキャバクラの仕事をする上で「何を言わないか」ですが


【彼氏がいること】


これは絶対に言いません。
これを言わない上でキャラクター設定しています。
長くキャバクラで働いていると、彼氏がいることも子供がいることも旦那さんがいることも明け透けに話しているキャストを見ることもありますが、私はお付き合いしている人がいることを言わない方がキャバクラの仕事で成績を出す上では優位に働くと思います。




・私にはお付き合いしてる人がいません
・仕事ばかりしています
・いつも笑顔だし
・気が強い性格ですが
・彼氏がいなくて寂しい時もあります
・誰かオトして下さい。笑




このキャラクター設定でキャバ嬢としての「自分を演じて」います。
キャバ嬢としての私は「私のことを女性として好きになって、なんとかして落とそうとしてくれる男性」を求めています。


それ故に、私はいわゆる「色恋営業」を戦術として選択しています。
なので、私に彼氏がいることを告げた途端に多くのお客様が離れてしまうと思います。もしかすると全員、かもしれません。




「このお客様には彼氏いることを打ち明けても大丈夫かな」なんてことはきっとないと思います。
「人として好きだから指名してるよ」なんて言いながらも、どこかしらに下心はあって「あわよくば」と思っていると考えられるからです。
このお客様にとって「あなたに下心があるよ」というのが「言わないこと」に当てはまります。




スポンサーリンク


異性のお客様は「好き」にさせてしまおう

動画の中に「異性のお客様は好きにさせてしまえば良い」という言葉がありましたが、これはキャバクラに限らず、情報発信ビジネスにも言えることです。




私が三浦孝偉さんの存在を初めて知ったのは、YouTubeで「バイマ三銃士」の対談動画がキッカケです。
当時はバイマの情報ばかり追いかけていた為に、三浦さんの存在は全く知らなかったのですが「誰だ、この声がめちゃくちゃイケメンな男性は」こんなことを思ったのを今も覚えています。


それからは三浦さんのブログを探し出し、メルマガに登録し、Facebookでもフォローし、教材を購入し、三浦さんを知って1年もしない間にあれよあれよとオンラインスクールに参加し今に至ります。




三浦さんに興味を持ったキッカケが「声」と言いましたが、音声もお客様に興味・好感を持ってもらうための1つの武器だと思います。
情報発信者の「顔」を見ただけでその人に興味を持つ人もいるかもしれません。




顔や声を露出せずに情報発信をしたい人には「文章」という武器があります。
顔や声に自信が無くても、「文章力」「言語化力」は鍛えれば身に付きます。
自信がないのなら文章力を鍛えましょう。
因みに私はこれで文章力を鍛えます。
COPY WRITING REAL




武器がないのなら武器を作って、お客様を魅せてやりましょう!


関連記事:個人ブランディングのはなし ブランド・コンセプト・ピラミッドを創ろう!




スポンサーリンク