良くも悪くも同じ状況は続かない その時その時を楽しむ意識を持とう

ライフ

私のおばあちゃんの家はびっくりするほど田舎にあって、お盆の時期になると家族でそこへ出向くのが毎年の恒例となっていました。
特段やることはないけれど、畳の上で惰眠をむさぼったり好きな本を延々と読むことが極上の時間で。




おやつの時間になると、近所の農家さんが「出荷出来なかったから」と持ってきてくれたトウモロコシを頬張ったりして。




近所に住む親戚家族と伴ってお墓参りに行くこともこの先ずーっと続くものだと思っていたけど、ここ数年はお盆に帰省する機会も減ってしまって
「同じ状況がずっと続くことなんてないんだな」
なんてことを感じています。




スポンサーリンク


良くも悪くも同じ状況は続かない

先日の家族旅行で久しぶりに家族に会ったことをきっかけにお盆の時期ということもあってか、ここ最近は実家で過ごしていた頃のことや幼い頃の夏休みのことを思い返していました。
そんな時にふと感じた


『良くも悪くも同じ状況は続かない』


という想い。




悪い状況が続かないというのは喜ばしいことだけれど、良い状況が続かないというのは分かってはいるけれどやっぱり寂しい。




この今の楽しい・幸せな状況は来年も続く、と思ってその時を目一杯楽しまなければいつか後悔する。
そんなことを思います。




後で思い返した時に


「楽しかったなぁ」
「幸せだったなぁ」
「綺麗な思い出になったなぁ」


と感じることができるのはきっと、その瞬間を楽しんで味わったからなのだと。




スポンサーリンク


その時その時を楽しむ意識を持とう

仕事で自分が望む以上の結果が出ている時。
大好きな人と旅行を楽しんでいる時。
空調の効いた心地の良い部屋で愛犬とくつろいでいる時。




その状況はいつまで続くか分かりません。
自分自身でどうにも出来ない理由で突如状況が変わってしまう可能性だってある。




「また来年」
「また明日」
はいつまで続くかなんて分からない。




その瞬間、瞬間を楽しんで味わっていきたいと思います。




スポンサーリンク