発信を生活の中心に置いたことで得たもの アウトプットを継続したら「夢」が手に入った話

BEC on-line school(BOS)

こんにちは、れみれみです!




突然ですが…
皆さんは何を生活の中心に置いていますか?
仕事ですか?
それとも、子供?
仲の良い友達と美味しい食事をする時間、と答える方もいるかもしれません。




今日の記事は、「自分は何を生活の中心に置いているのか?」
そして、「その理由は?」
こんなことを頭の片隅に置きながら読んで貰いたいです。




スポンサーリンク


どういう自分になりたいの?

「言語化する力を付けたい」




BOSに参加する前、こんなことを考えながら毎日のアウトプットを自分に課しました。
何がなんでも自分に言い訳せず、BOSのアウトプットだけは絶対に習慣化してやろう!と思ったんです。
たった半年間すら継続することが出来なければ、他の何にも成し遂げることが出来ないという危機感もありました。




最初のうちは何も言葉が浮かばず、というより、配信されたコンテンツに対して感じることは沢山あるんだけれど、それをどう文字に起こして良いのか分からなくて、アウトプットをする習慣だけが身につく日々を過ごしました。




それから少し経つと、自分が感じたことを感じたままに文字にすることが出来るようになりました。
後から文章を読み返した時に違和感を感じなくなったのもこの頃です。
「感情」と「文字」がピタッと一致するイメージです。
言語化が正しく出来ていないと、この一致は起こりません。




『感想文とアウトプットの違い』に関するコンテンツが配信された後からは、「人に見られている」ということを意識してアウトプットするようになりました。
それまでは「アウトプット=感想文」の認識でしたが「三浦孝偉さんに届ける手紙を綴る気持ちでアウトプットしよう」という意識に変わりました。




スポンサーリンク


ブロガーになりたい!

そして、今。
毎日のアウトプットは完全に私の習慣の一部です。
「文章を綴るのが楽しい!」そんな気持ちも沸いてきました。
BOSのアウトプット以外でも、「これ言いたい!」「伝えたい!」「物申したい!」と感じる瞬間が増えてきました。
「ブロガーになりたい」数ヵ月前にはツユほども思いもしなかった夢も生まれました。




発信を生活の中心に置いて生活をしてきたことで、当初の目的であった「言語化する力を付ける」以上のものを得ることが出来ました。




ここしばらくは、BOSの専用フォームへのアウトプット文章をブログ記事にする前提で文字を綴っています。
日々溜めてきた文章をブログ上にアップして収益化出来たり、新しい出会いに繋げることが出来たら、完全にBOSを始める前の自分とは違う自分になることが出来ます。
発信を通じた人生大逆転、狙っていきます!




スポンサーリンク