悩みながらでも継続したことが「今」に繋がった話

ライフ

こんにちは、れみれみです!
今日は『迷いながら・悩みながらでも継続したことが今に繋がった話』についてお届けしたいと思います。




実はこの文章、とある方に向けたアウトプットだったんですが、それまで思ってはいたけど文章に残してこなかったことがタイピングをするうちに自然と綴られていったんです。
文章になったことで初めて自分の感情だったりを俯瞰できました。




「もしかして今同じことを感じている人がいるかもしれない」
そんなことを感じたので、とある方に向けたアウトプットを加筆修正しながらお伝えします!




スポンサーリンク


ネットビジネスは一切手放して会社員に戻ろうと思っていた時期がありました。

今から約2年前の2017年の春。
私はBUYMAの存在を知ったことを機にネットビジネスを始めました。




BUYMA関係の発信者の方の情報を収集したり教材を購入し参考にしながらBUYMAを実践していましたが、その後完全に頭打ちに。




今となっては思考停止状態でただ大量行動をしていた為だったと気付けたのですが、当時は現状を打破すべく藁にも縋る思いで三浦孝偉さんが主宰する「BEC on-line school」(通称BOS)へと飛び込みました。




BOSでは毎朝7時に三浦さんからメルマガが届き、毎朝それに対してアウトプットを提出していたんですね。
また、BOSでは会員専用サイトがあり、いつでも自分が好きなタイミングでいくらでもコンテンツから学ぶことができます。




そのBOSのサービスが修了してから約半年が経ったんですが、三浦さんへ180日間毎日アウトプットを提出していた日々がなんだか遠い昔のことに感じています。






BOSの半年間のサービス修了後。
自分の中で色々と迷ったり、悩んだりする日々がありました。




ネットビジネスに関しても手が止まることが多く、自分自身がアウトプットすることだけでなく、自然と流れてくるメルマガなどの情報のインプットすら正直、(言葉を選ばなければ)鬱陶しく感じていました。




「ネットビジネスなんて辞めてもう会社に就職しちゃおうかな。。」
誰に相談するでもなく、こんなことを考えていた時期もありました。




それでも、細々ながらもTwitterで感情を吐露したり、日々感じることをブログにアウトプットしたり、バイマに取り組むことを続けてきました。




関連記事:三浦孝偉 BOSに参加したその後の話 アウトプットが苦手な人におすすめの意識改善法


スポンサーリンク


細々でも継続したことが今日に繋がっている

そんな中でも何故だか不思議と文章を綴ることだけは辞めようとは思わなかったんです。
拙い文章ながらも自分の感情や体験をブログやTwitterにアウトプットし続けることで、最近ようやく気持ちが以前のように浮上してきました。




私は昔から飽き性で、最初の勢いこそ良いものの、その後物事を継続することが苦手です。


しかし、私がこれまでブログを続けることが出来ているのは、BOSでアウトプットする習慣が身に付いていたからだと感じています。




あの半年間。
三浦さんという存在が背中に無ければきっと毎日のアウトプットは継続出来ていなかったと思います。


習慣になってしまえばこっちのものですが、習慣化させるまでは「意志」という背骨が無ければ継続は難しい、そんなことも思います。




自分が今取り組んでいることが正しいのか。
何の役に立つのか。
ネットビジネスを主軸にこれからどうやって生きて行こうか。


そんなことを沢山たくさん悩みながら、迷いながら、時には落ち込みながらもブログやTwitterでの発信、BUYMAを継続してきました。
ネットビジネスに取り組み始めた頃の熱量が無い状態でもこれまで継続をしてこれたことが今では私の自信になっています。




完全に手が止まってしまう(活動を辞めてしまう)と再開することは難しいです。




心のどこかに1ミリでもやめたくないという気持ちが残っているのなら、悩みながらでもぜひ継続することをおすすめしたいと思います。






関連記事:三浦孝偉氏 BEC on-line school 半年間のサービス期間中に身に付くもの




スポンサーリンク