今の時代、最も稼げる手法=コミュニティ運営 「属性」を見極めアプローチを変える必要がある

BEC on-line school(BOS)

こんにちは、れみれみです!


「コミュニティ」
「サロン」


ブログを読んでも、メルマガを読んでも、Twitterで情報収集をしていても、ここ最近よく目にする言葉です。
しかし、その言葉自体を目にすることはあっても、ここまで詳細にコミュニティの運営について伝えてくれるとこはないのでは?と、BOS(BEC on-line school)の三浦孝偉さんの動画コンテンツを視聴し感じました。




動画冒頭では、


■(コミュニティ)は人格を持っている
■そしてその人格を形成する一番の要因は「リーダーの人間性」です


とありましたが、
「ただ単に物販で稼ぎたいから、物販コミュニティに入ろう」
「アフィリエイトの特典でコミュニティが付いてるし、なんかお得な感じがするから入っておこう」


と適当に入るのではなく、「〇〇さんから学ぶ」「〇〇さんの思考に触れながら成長したい」というのが重要なポイントなのだと思います。
いつか私がコミュニティを運営する側になった際に、そのように感じて頂けるような人格を今から育てていきたいです。


関連記事:コミュニティ運営はやる前が勝負 どんなコミュニティを運営したいのか声高に謳おう


スポンサーリンク


今の時代、最も稼げる手法=『コミュニティ運営』

動画コンテンツでは、三浦さんが実際にコミュニティを運営する際に意識している7つのポイントを教示して下さいました。
「コミュニティ運営」について学ぶことは初めてだったので、7つ全てが新鮮な学びではありましたが、特に「発見だ!」と感じたポイントについてアウトプットをしたいと思います。




その「発見だ!」と感じたのは…
【属性】に関するパートです。


最初、「属性」と聞いた時には「物販」「YouTube」「情報発信」というような、実践しているジャンルの「属性」かと感じましたが、ここで紹介する「属性」はそれにはあたりません。
ここでいう『属性』は


【ネットビジネスに向かう姿勢、コミュニティへの寛容度、興味度】
です。




スポンサーリンク


コミュニティ参加者の属性を見極めよう

チャットワークをメインとした運営をした時に、コミュニティに参加している人たちの属性を見極め、アプローチを変える必要があります。
その属性は以下の様に5つに分けることが出来ます。


➀参加+発言+24時間
➁参加+24時間
➂参加+発言+時間限定
➃参加+時間指定
➄不参加+ROM専




実際にコミュニティ運営をしてきた三浦さんによると、➁、➃、➄の属性は個別チャットで定期的にフォローすることが必要だそうで。
この属性と、➀・➂の属性との大きな違いは「チャットワークでの発言があるかどうか」なのですが、共有の場であるチャットワークでの発言が無いからといって必ずしもやる気ゼロとも限りません。


というのも、共有の場に投稿することに対してのマインドブロックがあるのかもしれません。
個別チャットで連絡をすると、「実は…」と悩みを打ち明けてくれる場合もあるそうで。


この先、私がコミュニティを運営をする機会があった場合には
「発言がない=やる気がない」と決めつけるのではなく、「この人はどういう理由・状況で発言しないのだろう」「何か悩みを抱えているのかもしれない」と広い視野を持ちながら、活動をしていければと思います。




コンテンツ動画では「誉める」ことや「細分化」のことだったり、「身体を張って守る」ことも学びました。
実際にどういうことを意識しながらコミュニティを運営しているかを聞くのって、貴重な機会だと思います。
今回の動画コンテンツも繰り返し視聴し、血肉にしていきたいです。


関連記事:コミュニティ運営の7つのポイント 軽い気持ちでコミュニティ運営出来ないと考える理由




スポンサーリンク