お客様はセールスマンの「STORY」を買っている 予算オーバーのパソコンを買った話

BEC on-line school(BOS)

こんにちは、れみれみです!




突然ですが。
最近何か大きな買い物をしましたか?
また、モノではなくても、どんなコトにお金を使いましたか?




今日の記事では、『お客様はセールスマンの「STORY」を買っている』について記事をお届けします。


関連記事:STORYがあることで情報の吸収量が変わる 自然と状況を思い浮かべられるような描写を


スポンサーリンク


『STORY』とは…【納得してお金を支払う為の動機付け】

『企画』には「STORY」が必要。なぜならお客様は『STORY』を買っているから。
それでは、『STORY』とはなんなのか。
『STORY』とは…【納得してお金を支払う為の動機付け】だと思います。




例えば洋服を買う場合
■全然買う予定じゃなかったけど、50%オフなら買っちゃうよね~。絶対お得だし。
■このワンピース、めちゃくちゃ可愛い!でも同じ形のは沢山持ってる。でも、この形は自分のスタイルが良く見せられるのを知ってるからタンスの肥やしにせず絶対着ると思うし、この柄は持っていないから買っちゃおう。
■このスカート、ちょっと予算オーバーだけど可愛いから欲しいなぁ。でも、今まで着たことないデザインだから似合うかどうか不安。でも、新しい自分を見つけられるかもしれないから買っちゃおう。


教材を買う場合
■予算より断然安いから、もし買ってから実践しなくても痛くない金額だから買おう。
■この教材、ずっと気になってたけど、少し高いなぁ。今他に取り組んでいる教材もあるし、買ったところで実践するか分からない。でも、色んなアフィリエイターが「この教材を持っていないのはやばい。」と言っているから、お得な特典が付いているこの機会に買ってみよう。




購入する対象の商品が安くても、高くても、「自分が納得できる理由・動機」があれば人はお金を使います。




スポンサーリンク


予算大幅オーバーのパソコン、買う?買わない?

前回使っていたパソコンが壊滅的に調子が悪くて、新しいパソコンを購入する前の下見をしようと家電量販店に行った時のことです。




下見だけをする予定でしたが、店内に入ってまず目に飛び込んできたのは「決算セール」の文字。
下見、という言葉はどこかへ飛んでいき、その日購入する前提で商品を探しはじめました。




結果として、予算から5万円以上オーバーした商品を購入して帰宅しました。
色々と予定外でしたが1ミリも後悔していません。
それはなぜか。


・セールをしていたから
・店頭商品しか残っておらず、新品ではなかった為更に値下げされた
・店員さんの接客が良かった
・理想通りの商品が見つかったから


これらの理由があげられます。
これらの理由が動機づけとなって私は新しいパソコンを購入しました。




私がセールスする側になった場合、お客様がお金を支払うことを納得できるようなSTORYを提供しなければなりません。
その為には「伝える力」も必要となってきます。




STORY=======⇒アウトプット
     ↑↑↑↑↑↑
     伝える力




言語化力を付けるだけでなく、刺さるコピーを考えたり、ターゲットを考えたり、課題は無限に出てきますが、失敗したり、カッコ悪い姿を見せることを怖がらず、泥まみれになりながら攻めていきたいと思います。


関連記事:失敗を恐れずに大量行動をしよう 活動を続ければ失敗も資産になる




スポンサーリンク