全力で頑張っても全ての努力が報われるわけではないよね

ライフ

こんにちは、れみれみです。
さて、先日こんなツイートをしました。








私が努力を厭わなくなったのはいつからだろう…。
今でこそ自分を高めたり、目標を達成する為の努力を出来るようになった私ですが、以前はそんなこと全くなくて。




スポンサーリンク


努力が嫌いだった昔の私。ダイエット編

太っていると自覚がありながらも運動なんて全くしなかったし、食事を制限することも出来なかった。
仕事帰りに駅ビルで出来合いのごはんを買い、ワンメーターの距離をタクシーで帰る。
思い返す限り一番ひどい時はそんな生活をしていました。




気付いた時には本当にただのデブで、だけどダイエットを頑張るということにも気が向かず…。
(ダイエットくらい頑張ろうよ、あの時の私にそう言ってやりたい。)




痩せよう!と急に思い立ったのは確か、好きな人が出来てから。
(好きな人がいると頑張れるタイプw)


最寄りの駅の一つ前で降りて1時間歩いて帰る、そんな日々を繰り替えしているうちに無事に痩せたんですが、その好意を寄せていた人とはどうにもこうにもならなくて。
残念ながらこの時のダイエットの努力は実らなかったわけです。


痩せたこと自体は嬉しかったけど、目指していたゴールには辿り着けなかった。




スポンサーリンク


努力をしたって実らないこともある。仕事編

ここ最近の「実らない努力」を実感したのは仕事での場面。
私は毎日キャバクラで働いています。




お店のお休みの日以外はよほどの理由がない限り毎晩出勤しています。


毎晩お店に出勤して、お客様に連絡をして、身なりを整え、お客様との会話に活かせそうな知識を頭に詰め込んだり…と日々頑張っていても努力が実らない=指名に繋がらない、指名を替えられてしまうということがあります。


ここ最近は


「まぁそういうこともあるよね」
「次いこう、次」


というよう切り替えられるようにはなりましたが、ほんの少し前までの私は努力が実らない度に涙が出る程に悔しがっていました。




こんなに頑張ってもダメなら仕事をやめたい、キャバ嬢向いてないかもしれない。
そんなことをまるで子供のように泣きながら話して店長を困らせたりもしていました。(わぁ、懐かしいw)




ダイエットでも、仕事でも、恋愛でも、
努力が実らなくて悲しい、悔しい、もう全部投げ出したい!!!
という気持ちを味わって思うのは、


この気持ちって、ベースに頑張った経験が無かったら感じなかったんだぁ。
今回の努力は実らなかったけど次のステップに向けて大事な感情だった。
そもそも最初から頑張っていなければ、そんなことすら分からなかったんだろうなぁ。


ということ。


時間とお金を投入して努力をするなら全てが実って欲しい。
もちろんそういう気持ちもあるんだけど、実らなかったことで工夫をしたり、何がダメだったんだろう・まだまだ努力が足りなかったのかもしれない、と自分を振り向く機会にもなります。




これから先も努力が実らないことって沢山あると思います。




だけど、たった一度失敗したくらいで腐らず、止まらず、改善点を探しながらも努力を続けていきたいです。


関連記事:私がずるずるとキャバ嬢を続けてしまう3つの理由を考えてみた


スポンサーリンク