在宅で出来る・誰かに雇われない副業もある 「副業会社員時代」のはなし 

ライフ

こんにちは、れみれみです。




『サラリーマンは副業をしないと今の生活水準が保てなくなる!?』
というコラム、知ってますか?
私はこのコラムを読んだ時、私自身も会社員時代に副業をしていたことを思い出しました。




今から約4年前、当時フリーターをしていた私は「安定」を求めて「会社員」になろうと決意しました。
その時の私にとって、会社員って「絶対安定」な職業だと思ってたんですよ。
で、アルバイトの合間に就職活動をした結果、自宅からも程良く近く、Photoshopの技術を生かせる会社へと入社することになりました。




スポンサーリンク


5ヵ月間の副業生活

入社した会社は、半年間の試用期間がありました。
その間の月給は手取り15万円。
当時住んでいた家の家賃が7万円だったので、「さすがに15万円だときっついな」と思い副業をしようと決意しました。




今でこそ「BUYMA」や「トレンドブログ」「YouTube」の存在を知ってはいますが、当時は在宅で副業をしようなんて1ミリも思わなくて、数年前に働いていた会社の上司に頼み込んでアルバイトとして働かせて頂くことになりました。




アルバイト先の会社は「昼シフト」と「夜シフト」があったので、私は「夜シフト」で働くことに。
昼間は10時~19時まで試用期間中の会社で働き、
夜間は21時~翌5時まで週3~4日のアルバイト。


バイトに行かない日の夜や週末は死んだように寝る、そんな5ヵ月間を送っていました。
アルバイト先は自宅から電車で1時間掛かる場所だったので、空いた時間のうち2時間は往復の移動時間と食事に使っていたので、金銭的に余裕が出来たとはいえ、体はボロボロでした。
それでもそんな状況に耐えることが出来たのは間違いなく、「5ヵ月間限定」だったからです。




スポンサーリンク


「誰かに雇われない」「在宅で出来る」副業もある

BUYMAに取り組むようになってからは、
「あの時の私にBUYMAの存在を教えてあげたい」


そんなことを思うことがよくあります。


ここ最近YouTubeに取り組み始めてからは
「あの時からYouTubeやっとけば良かった」
なんて思ったりもします。




今私がBUYMAで実践しているのは、デパートや直営店で商品を買って、注文のあったお客様へ届ける「国内買付」なのですが、この方法であれば勤務の終わった19時に最寄りのデパートで買い付けをして、帰宅して梱包をして、それからコンビニで発送をする、ということも十分出来たと思います。




「自宅で副業」という考えが無かったということもありますが


・仕事は「誰かに雇われてやるもの」
・お金は「雇われないと稼げない」


当時はこんな「雇われ思考」で生きていました。




この時は「本職(試用期間)」+「アルバイトの会社」でしたが、
フリーターの時は「カラオケ屋さん」+「キャバクラ」+「派遣のバイト」の掛け持ちもしてたこともあります。


「副業 在宅」
「副業 自宅 稼げる」


というキーワードで検索するようになったのはここ最近のことです。
雇われて仕事をすることはもちろん悪ではありませんが、かつての私のように睡眠時間が極端に短い副業は長くは続きません。
たとえ長く続いたとしても身体を壊してしまっては元も子もないですしね。
私も5ヵ月間限定じゃなかったら、あんなに頑張れていなかったと思います。




もしこのブログを読んでくれている方の中に「あの時の私」のような生活を送っている方がいるのなら、この記事を読むことで「在宅でも稼ぐことができる副業もあるんだ」ということを知って貰えたら嬉しいです。


関連記事:節約時のお昼ご飯は駄菓子屋で大人買いしたうまい棒 副業を辞めてからの話


スポンサーリンク