キャバ嬢から黒服へ 新しい挑戦を決意した時の話やこれからについて

ライフ

こんにちは、れみれみです!
長~い間キャバ嬢をやってきた私ですが…この度勤務しているお店にて黒服として働かせて頂くことになりました。




初めてキャバクラに足を踏み入れたのは確か大学生の時。
他のバイトより時給が良いからと「お金」のことだけを考えて働き始めました。




その当時から長い年月が経ち、身の回りの状況も大きく変わって、住む場所も、容姿も変わりました。
仲の良い友達の多くも結婚、妊娠・出産しています。


そんな中、この年齢までキャバクラで働いていること自体自分自身びっくりしてるし、まさか黒服業務にも携わらせて貰えるようになるとは。






全く無名のキャバ嬢が何の報告だ、って感じですが、今この時の感情をメモしておきたいということで今日はブログを書いていこうと思います^^




関連記事:私がずるずるとキャバ嬢を続けてしまう3つの理由を考えてみた




スポンサーリンク


「キャストじゃなくてマネージャーとして仕事してみない?」



『キャストじゃなくてマネージャーとして仕事してみない?』


私がそんな風に店長に声を掛けられたのは9月のこと。




今まで1ミリもそんな話が出てきたことも、冗談で言われたことも無かったのでほんとに青天の霹靂で。




でもその一方で結構嬉しかったりもして。




初めてのことに挑戦するのは怖いし、私で良いんだろうかという感情もあったんだけど、それ以上に


『新しいことをやってみたい!!』
『ワクワクする!!』
『私にこんな素敵な話を持ってきてくださって嬉しい!!』


そんな気持ちが圧倒的に勝ったので、今回のお話を受けてみることにしました。






この話を受けたのは”ワクワクが勝った”のともう一つ、「このお店のキャストとして仕事をやりきった」という理由もあります。




キャバ嬢という仕事では上には上がいるし、上を見てしまったらキリがないけど、オープニングスタッフとして入店した今のこのお店で働くキャバ嬢としては仕事をやりきった感が強くて。




別のお店でまたナンバー1を目指す、という選択肢もあるにはあるけど、キャストとして培ったノウハウや人間関係を今後お世話になったこの店で黒服として活かしていきたいと思います。




スポンサーリンク


黒服になってやってみたいこと・叶えたいこと

私がこれから黒服になってやってみたいことがあります。
それは、女性が働きやすいお店をつくること。




私がこれから黒服になって何が出来るか、男性の黒服さんとはどんな違うことが出来るのか、何が私の強みになるのか、ということを考えた時に出てきたのは


・キャストとしての経験
・キャストとしてこの店で働いた時に感じたこと


これらを活かしながら女性が働きやすいお店をつくることができること、だと思うんです。




どうして私が「女性が働きやすいお店をつくること」をやってみたいかというと、その先にお店の売上の向上を見ているから。




今までの私の経験を思い返してみた時に、どうして売上を上げることが出来たのかと考えてみた時に
【居心地が良いお店だった=働きやすかったから】
これに集約できるな~と。




つい先日こんなツイートをしました。






キャバクラで働いていると「最近売上良くないよね、ちゃんと営業してる?」みたいなことを担当の黒服さんに言われたりします。
それも黒服さん達の仕事の一つだし、その一言で実際に頑張ることが出来るキャストさんもいるだろうけど、私は発破を掛けられると一気にやる気が萎えてしまうんですね。w
(私だけじゃないと思うんだけど…)




だけど、今のお店の場合、居心地が良い=働きやすい、という理由だけで担当の黒服さんから発破を掛けられなくても勝手に努力をして売上を向上させることが出来たんです。




そんな私の経験を活かし、働く女性が「居心地が良い!」「働きやすい!」という環境をつくることが出来たらいいな~なんて考えています。






最初は思うように動けなかったり、理想通りにことが進まないこともあるかとは思いますが、時々このブログを読み返しながらも黒服としてのお仕事も全うしていければと思います!


黒服業務から学んだことも引き続きブログに綴っていきますのでまた覗きに来てもらえると嬉しいです^^




スポンサーリンク