負の感情をコントロールして「行動力」というエネルギーに変換しよう

ライフ

こんにちは、れみれみです!


昨日は久しぶりにイラつきポイントを突く出来事があって。




周りに人もいたし、いい大人なので(笑)、悶々としながらも「このイライラをどうにか昇華出来ないかな」ということを考えていました。




その時ふと思ったのが


「怒りの気持ちを抱えている時のパワーと、楽しいという気持ちを抱えている時のパワー、どっちがおり多くの電力を貯められるんだろう」


ということ。


・・・
なんとなく意味伝わります?汗


ふと思い浮かんだ言葉が「電力」だったので、そのまま文字に落としましたが、もっと分かりやすい言葉にすると


【怒りの気持ちを抱えている時のパワーと、楽しいという気持ちを抱えている時のパワー、どちらがより大きな力を持っているんだろう】


でしょうか。
これを読んで頂いているあなたはどちらが大きな力を持っていると思いますか?




私は今までの経験を振り返って、【怒りの気持ち(=いわゆる負の感情)】の方が大きな力を持っている、と思います。
今日の記事では、「怒り」「悲しい」「辛い」「悔しい」という「負の感情」についてお届けします!




スポンサーリンク


「負の感情」は必ずしも悪じゃない

昨日怒った、私のイラつきポイントを刺激した出来事は文字に起こすとややこしい話になるので省略しますが、その出来事を通して


■怒りの気持ちは必ずしも悪じゃない
■嫉妬はパワーに変えられる



ということを学ぶことが出来ました。




「ぅおー!悔しい!!!」
って気持ちが沸き起こった時って、その悔しい気持ちをどこにぶつけるべきかというと、
「問題を改善する為の行動」
なんですね。


例えば、


➀自分は100%の力を発揮してやったはずのビジネスに、思いの外結果がついてこない時
⇒より良い結果を出す為に、行動する。


➁好きな人に勇気を出して告白してフラれてしまった。
⇒もっと素敵な人とお付き合いする為にダイエットしたり、美容に力をいれる。




どちらも私の経験談です。
どちらの経験をした時も「悔しい!!」「なんであんなに頑張ったのに!?」という気持ちをバネにして行動することができました。




スポンサーリンク


「負の感情」が生まれた時は「この感情をどう昇華しよう」と考えてみよう

前述した➀のビジネスに関しては、現在チャレンジ中のYouTubeですね。
まずは「動画を投稿する習慣を付けること」と、「数をこなすことを意識して行動しよう」、ということを考えました。
最近は投稿する習慣が身に付いてきたので、次は動画の質の改善です。




色んな人の動画を参考にしながら撮影しているのですが、なかなか思うようなものが撮影出来ず、ほんともう「悔しい」の連続なんです。
だけど、その「なんでこんなにやってるのに」という半ば「怒り」の感情に近い「悔しさ」を抱くことで「行動の継続」をすることが出来ています。






➁のエピソードに関して。
むか~しむかし、大好きだった異性に勇気を振り絞って告白をした時、大玉砕したことがありました。笑
今だから笑える話だけど、当時は本当に悲しいわ・辛いわ・なんなら悔しいわ、でほんとにしんどかったんですね。


その大玉砕から時間が経ってくると「よし、もっといい男と付き合ってやろう!」っていうガッツが湧いてきた私。
まず何をしたかというと「ダイエット」でした。
ダイエットをして分かりやすく見た目を変えようと思ったんです。


どうやってダイエットをしたかというと、よく聞く話ですが、最寄り駅の一駅前で降りて、電車だと数分の距離を約1時間掛けて歩いて帰るという生活をしていました。
仕事でよほど疲れている時を除いて、雨の日も風が強い日も地道に歩くことを続けた約半年後。
8キロ体重を落とすことが出来、彼氏もできました。


「仕事後によく1時間も歩いて帰ったな、あの時の私エライ!」なんて褒めてやりたい気持ちでいっぱいですが、ダイエットを継続できたベースには「悲しい」「辛い」「悔しい」という「不の感情」がベースにあったからです。






こうやってこれまでの出来事を振り返ってみると、「負の感情」って排除されがちだけど、時に行動力を上げてくれる必要な感情なんだなって思います。
「楽しいっていう気持ち」も生きていく上ではもちろん大切です。いつも怒りの感情にまみれて生きるのは辛いですしね。




だけど、「負の感情」が生まれた時。
「この感情をどう昇華しよう」「この怒りの感情をどう行動に活かそう」ということを考えてみて欲しいな、ということを思います。




スポンサーリンク