久しぶりに家族と過ごして感じた「家族」への想い 私は自分の家族をつくりたいんだ!!

ライフ

こんにちは、れみれみです!
先日、数年ぶりに家族と三重県へと旅行に行ってきました。




ここ最近はあまり実家へも帰らず、両親と会うことすら久しぶりだったので、3日間を両親+末の妹と過ごすことで新たに感じることがありました。
今日はそのことについてブログを書きたいと思います。




その”新たに感じたこと”というのは、『自分の家族をつくりたい』ということ。




スポンサーリンク


自分と縁のある人と自分の家族をつくりたい

旅行一日目。
宿で用意された浴衣ではなく、自宅から持参した部屋着を身に付け、洗顔後のフェイスパックをした姿で布団の上で寝転び至福の時間を楽しんでいる時にふと生まれたのは


『自分の家族をつくりたいなぁ』


という感情。






命を与えてくれて、これまで健康に育ててくれて、心配しつつも好き放題やらせてくれている血の繋がりのある家族はもちろん大切に思っています。




距離が近過ぎて逆に居心地の悪さを感じることもありますが、やっぱり私には欠かせない存在で、お父さんもお母さんもおばあちゃんも2人の妹もいつまでも元気でいて欲しいなぁという気持ちは胸奥にずっとあります。




だけど一方で強く感じたのは、もともと生まれ育った家族を大切にしつつ、これまでの人生で出会って縁がある人とも自分の「家族」を作りたいなぁということ。




スポンサーリンク


「結婚したい」というより、「家族をつくりたい」

結婚願望の高まりのピークはもうとうのに昔に過ぎ去っていて、今お付き合いをしている彼とも「結婚をしたい!」というより、「この人と家族になりたいなぁ」という言葉がしっくりきています。




お付き合いを始めて早くも3年半。
生活を共にして3年。




新鮮さはないものの、それぞれの生活は尊重しつつ、共有する時間ももちろん大切で。
2人の共通の趣味である筋トレとジョギングに取り組む時間や、沖縄への旅行やシュノーケリングは今では欠かせない時間になっています。




すでに家族のような時間を過ごしている私たちなので、わざわざ入籍をしなくても。。という気持ちは心のどこかにありますが。。
両親やおばあちゃんを安心させるという意味では入籍したいな、とも。






先日の旅行中、私と妹が歩いている時にふと振り返ると、あーでもないこーでもないと言いながら笑顔で話しながら並んで歩く両親の姿を何度も目にしました。
その度に思ったんです、「家族って良いなぁ」って。




私自身も私の両親のような家族をつくっていけたなら、なんて思います。
一体いつになることやら、ですが。笑




スポンサーリンク